1月29日(火)

午前5時起床
ぎっくり腰は,随分良くなったよう
朝刊を読んでから,メールの確認
昨晩,信窓会の支部報の編集長から,28日版の送信がされていた。
内容を一覧してから,A3の用紙で試し刷り。
カラーの部分がとても綺麗。黒白の頁も,うまく印刷できた。
これから訂正の連絡があるといけないので,印刷の開始は,本日午後1時からにさせていただく旨記載して返信。
朝食後,地下のゴミ置場に燃えるゴミを出しに行き,その帰りに,1階の郵便受けへ(昨晩取りに行かなかったので)。夕刊と一緒に,弁護士会の役員選挙の投票用紙が届いていた。
 ブログの記載をしようとしたら,「はてなダイアリー」は,新たな投稿ができなくなっていたので,急遽,新しく「はてなブログ」を作成して,そこに「はてなダイアリー」の記事をインポートする作業を行って,この記事の投稿。
  

 

1月28日(ぎっくり腰の経過,信窓会東京支部報のゲラの校正作業,生協の配達,要急事件の諸準備)

午前4時半起床
 ベッドから痛み無しで立ち上がれた。
 玄関の小さな椅子に腰掛けて,朝刊を読んだ。 
 第1面のトップ記事は,
  「官房長,幹部聴取に同席
    統計不正 全面再聞き取り」
という見出しの記事。
 「官房長」というのは,定塚由美子さん。
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6311761

 その後,リビングルームのパソコンの前の椅子へ。
 信窓会東京支部報のゲラの校正関係のメールがいろいろ。
 編集長から私に対する質問もあったのて,返信。
 
 印刷開始は,訂正の必要がなくなったと認められる時点で行うことにしたいので,皆さんチェックをよろしくと付記。

 本日のこれからの予定は,
 午前10時過ぎに生協の配達。
 編集長からの最終稿が送信されてくるのは,おそらく今晩以降になりそうなので,急ぎの事件関係の仕事は,できるだけ,今日中に片付けてしまうことにしたい。
  遠方の裁判所への遺産関係事件の訴状提出準備
  交通事故(物損)の処理方法についての検討書の作成など
  交通事故(人身)関係事件についての今後の進め方についての関係者との連絡など
  上訴予定の事件についての依頼者への訴訟委任状の用紙及び委任契約書案の送付など。

(追記)10:51
10時20分頃,生協の配達。
 上訴手続関係で依頼者宛に郵送する書類一式の準備が終わったので,近くのコンビニへ,レターパックライトを買いに行き,ついでにあんまんと肉まんも。
 温かいうちに,いただくことに。  
  
  

1月27日(ぎっくり腰の経過,管理組合の1月定例理事会,要急案件の諸作業,豊海町会の新年会)

午前5時起床
 ベッドからの起き上がりに苦労することがなくなった。
 玄関の小さな椅子に腰掛けて,朝刊を読んでから,その横に詰まれていた5つのダンボールのうちの最上段の大きな箱を開いて,タックシール2袋とA3のコピー用紙1袋を取り出し,コピー用紙1袋は,一度に持つと重いので,包装紙を剥がして,3つに分けて,リビングの複合機の用紙入れの中に納めた。
 残りのコピー用紙12袋6000枚は,支部報の印刷用。編集長からの最終稿が届いてから,試し刷りをして,これで大丈夫という判断ができてから,印刷に取り掛かる予定(途中で,各種広告などのFAXが届いたりすると,支部報でないものが印刷済みの用紙に混じってしまうこともあるので,常に複合機の状態と印刷された用紙の内容を見守っている必要がある。
 1部4枚なので,50部200枚ずつ印刷して,現在コピー用紙が3袋ずつ入っている玄関の小さな椅子の上のダンボール4箱の中に,順次,積み上げていくことにしたいと考えている(2月3日の朝,幹事長が見えたら,そのまま,小廻り君に積んで,集会室に運んでいただく。)。

 その後は,メールの確認。
 そして,本日の管理組合理事会用の資料(総会の議案書案)の検討。

 本日のこれからの予定は,
  午前9時半から午後1時頃まで,集会室で,管理組合の1月定例理事会。

  その後は,午後4時頃まで,家で,要急案件の処理。
  4時15分頃家を出て,晴海のホテルマリナーズコート東京へ。5時から豊海町会の新年会に出席。

(追記)翌朝記入
 午後5時からの豊海町会の30周年記念祝賀会,新年会は,ホテルの4階の広い宴会場で,大勢出席して,盛大に行われた。
 私の席は,豊海診療所の院長さんと事務長さんのお隣。 あんしん協力員会で,最近連絡をとるのが困難になっている方のことをお尋ねしたら,暫く前に施設に入所され,その時点から往診に伺うことはなくなったというお話を伺うことができ,心配事が解消。近日中に見守り記録に記載して,おとしより相談センターに提出(来期の見守り対象者から外す必要がある)の予定。

来賓のご挨拶は,中央区長様から。
セレモニーの後も,順次来賓の挨拶が続き,私も司会の方から指名されて,ご挨拶。

 こうした新年会は,来年からは暫くお休みで,再開発後の新しい建物が完成して,入居が済んでからということになるというお話が最後にされて,三三七拍子での締め。

 帰りは,ホテルのバスで,自宅マンションの横まで送っていただいて,午後8時頃,帰宅。
 お土産の袋には,紅白のお饅頭と記念のボールペン。
 早速熱い緑茶を煎れて,白い方のお饅頭からいただいた。

 午後11時頃,就寝。

  

1月26日(ぎっくり腰の経過,年金記録事件についての担当小法廷からの通知書を依頼者にFAX送信,古新聞をゴミ置場へ,東京支部報印刷用のA3のコピー用紙13袋と宛名印刷用のタックシールの配達,もう1通の戸籍証明書も届いた,所得税と消費税の確定申告用紙が届いた)

午前6時起床
 ベッドから痛み無く,起き上がれた。
 玄関の小さな椅子に腰掛けて,朝刊を読んでから,リビングのパソコンの前の椅子に腰掛けて,メールの確認。
 「はてな」のブログの切替手続きの関係で,既に申込済みにもかかわらず,連日,お名前.comからのメールが大量に届き,内容の確認と削除に手間がかかり,迷惑この上なし。
 昨日届いた年金記録事件の最高裁第三小法廷からの通知書を依頼者にFAX送信。
 間もなく,依頼者ご本人からお礼の電話。

 お正月は,1週間入院しておられたそう。
 お互いに「お身体に気をつけて」と言って,電話を終えた。

 午前中に,大量のコピー用紙が届く予定なので,玄関の椅子の上に積んであった古新聞・古雑誌などを4個の束にまとめて,小廻り君に載せ,地下一階のごみ置場に運搬。

 9時過ぎに,佐川急便の配達員さんが見えて,ダンボール4個に詰められたA3のコピー用紙13袋(6500枚)とタ゜ンボール1個に詰められた宛名印刷用のタックシール220枚の配達。玄関に並べられた小さな椅子3脚のうちの2脚の上に積んでいただいた。

 本日のこれからの予定は,
 午後2時までは,自宅で仕事(急ぎ処理しなければならない受任事件3件の諸準備)。
 午後2時15分に家を出て,松戸へ。
 午後4時から,顧問会社の株主総会
 総会終了日,受任事件の関係の打合せも。
 帰宅は,9時頃になりそう。

 明日(27日)の予定は,
 午前9時半から午後1時ころまで,集会室で,管理組合の理事会。

 午後5時から,晴海のホテルマリナーズコート東京で,お隣の豊海町会の創立50周年祝賀会兼新年会に参列(管理組合の理事長あ宛に案内書が届いたが,理事長からフロントの担当者に「町会担当の遠藤さんに処理してもらうように」というお話があったとのことで,案内書がフロントから私に渡され,前月の理事会の席で,「この新年会への参列を希望される方がおられたら,私まで連絡してください」と申し上げておいたのだが,どなたからもお申し出がなかったので,今月10日頃,私1人の氏名だけ出席者欄に記入して,案内書に同封されていた返信用の葉書を豊海町会長様宛に投函させていただいたというもの。
 明日持参予定のご祝儀は,当然のこととして,私個人の自己負担。

(追記)22:14
午後2時15分に家を出て,松戸へ。
東京駅でお土産を購入してから,上野東京ラインのホームへ。常磐線快速3時3分発に乗車。
松戸駅から寒風の中を歩いて,顧問会社に到着したのは,3時45分頃。
 熱いお茶をご馳走になってから,
 定刻の4時に株主総会の開始。
 閉会後,受任事件関係の打合せも。
 その後,おいしい夕食をご馳走になり,暫し歓談後,
 駅まで車で送っていただき,社長ご夫妻とお別れ。
 
 駅のホームに着いてすぐ,品川行きの快速が到着。乗換え無しで,東京駅に到着。駅前からバスに乗って,8時前に帰宅。

 二回目のメールの確認で,支部報の26日版が編集長から送られて来ていたので,内容の確認をして,誤記など訂正を要する箇所を列記して,返信。

 今晩は,これから,明日の午前中の管理組合の理事会の議案に目を通しておかなければ。

  
 



 

 

 
 
 

1月25日(ぎっくり腰の経過,潮見のアパホテルから弁護士会館へ直行,年金記録事件は第三小法廷,

法律相談の打診)
午前6時起床
6時10分に大浴場へ。
7時から8時まで,1階のレストランでバイキングの朝食。
 品数が非常に多く,とても全部食べられる状態ではなかったので,食べ切れそうなものだけ,少しずつ取って,テーブルへ。

 8時45分にチェックアウト。
 潮見駅から,京葉線で,東京へ。
 駅の構内を随分歩いて,地下鉄丸の内線に乗り換えて,霞ヶ関へ。
 弁護士会館の1階ロビーに着いたのは,9時40分頃。
依頼者の○○さんが約束の10時に見えて,一緒に4階の面談室へ。
 11時50分頃,打合せを済ませてから,地下一階の洋食のレストランで一緒に昼食。
 1時頃,丸の内線への入口でお別れ。私は,日比谷線で銀座へ。
その後バスに乗り換えて,1時40分頃,帰宅。

 郵便受けに,○○市役所からの戸籍の証明書などと一緒に,最高裁判所からの封書。年金記録事件が第三小法廷で審理されることになったという通知。

 午後7時頃,メールの確認をしたら,紹介なしでの法律相談を受けていただきたいのですがというメールが届いていたので,2月3日まで,急ぎの事件と諸々の予定が詰まっている上,昨年暮れにぎっくり腰で痛めた腰の状態もまだ良くないので,2月4日から7日までの間の午後,弁護士会館でということでよければ,OKと返信。

 

1月24日(ぎっくり腰の経過)

午前6時半起床
ベッドからの立ち上がりで,痛みを感じることはなくなった。
玄関の小さな椅子に腰掛けて,朝刊を読んだ後,メールの確認。

25日の午前中の打合せについて連絡した依頼者からOKとのメール。

本日のこれからの予定は,午前10時から11時まで,○階の奥様から,ラウンジで,話をしたいとの連絡を昨日いただいたので,その対応(用件は不明)。

午後は,2時に家を出て,潮見のホテルへ。

(追記)11:34
ラウンジでのお話は,11時15分頃終了。
いろいろなお話をされたが,一番話しておきたかったことは,亡くなられた後,訃報の掲示をして欲しくないということだったよう。
 町会からの訃報は,ご希望のあった方について準備されるもののようで,当マンションの居住者が亡くなった時は,管理室又は管理組合の理事会から町会への訃報の希望についての連絡がされなければ,訃報が発せられることもないという説明をさせていただいた。
(私の亡夫死亡の時は,死亡当日の晩と翌朝,私が管理室に亡夫死亡の事実と葬儀等の予定を申告して,町会への連絡のお願いもしておいたにもかかわらず,経過ははっきりしないが,町会への連絡をしていただけなかったようで,葬儀への参列者の中に当マンションの居住者や町会の方は1人もおらず,弔電などもいただけず,非常に寂しい思いをした。前の住まいの木場ハイツからは理事会の役員仲間だった方やそのご家族が何人も参列してくださり,葬儀後の後飾りとして,納骨まで遺骨を木場ハイツに安置しておいた間,木場ハイツの皆さんが入替わり立ち代り,お線香を上げに来てくださり,四十九日の法要にも,お隣の奥様とそのお母様が参列して下さった。)。

(追伸)翌日記入
 午後3時半頃,潮見駅に到着。まず駅前の「マルエツ」に寄って,夕食用の巻寿司,いなり寿司,お赤飯のセットと唐揚を購入(合計520円ほど)。
 ホテルに着いたのは3時50分頃。
 チェックインの手続きをしてから,最上階(10階)の部屋へ。
 八重洲のホテルより高級。
 八重洲のホテルの部屋のお茶は,緑茶1袋だけだが,こちらは,緑茶2袋とコーヒーのセット(インスタントコーヒー,お砂糖,クリーム)が2組ずつ準備されていた。
 早速ポットでお湯を沸かして,緑茶をいただきながら,お寿司を半分いただき,その後,コーヒーも。

 6時頃,浴衣に着替えて,2階の大浴場へ。
 八重洲のホテルより,広々した造りで,浴槽も広く,奥の方にはガラス戸を挟んで,別の浴槽が二つ見えた。

 ゆっくり入浴して,6時50分頃,部屋に戻り,また緑茶を煎れて,残りのお寿司と唐揚のほか,自宅から持参したみかんをいただいた。

 その後は,9時ころまでテレビを観てから,明日の打合せの準備として,持参した資料に目を通してから,部屋に備付けのアパホテルの社長の著書を読ませていただいた後,午前1時頃,就寝。